tap

冬の日 / 07:58

2016年1月24日から25日にかけて、西日本に約40年ぶりともされる強烈寒波が襲来。福岡は雪に見舞われた。その日は亡くなった祖母の七回忌でもあった。もし生きていたら90歳である。最近の福岡では珍しい雪景色に包まれながら、お経を唱える。祖母は40年前、雪景色に何を思っただろうか。祖母の生前のこと、そして誰しもに訪れる死後の世界のことを想う。

 

夜明け前 / 05:09

私たちが使っている電気はどこからくるのか。そんな疑問をもとに制作したインスタレーション作品を映像に収めた。リサーチの中で、約60年前、かつて筑後川上流に存在した故郷を守るために闘い、公共事業と基本的人権の整合性を問い続けた室原知幸さんというに行き当たった。本作では、室原さんが闘争中に書き留めた狂歌を引用した。夜中に彼を照らし続けた白熱電球の光をもとに、狂歌を照らす。彼がかつて社会に対して投げかけた問いは、現代に、そして都市部に生きる私たちにも投げかけられている。

 

ours / 05:14

天神から程近い場所に、期間限定でグランドピアノを置くことになった。自由に弾いてくださいと、ピアノを開放した。普段使っているピアノとの違いを確かめる人、かつて習っていて久しぶりに弾く人、様々な人が思い思いに演奏した。その様子を撮影し、誰の演奏かわからなくなるように、音と映像をオーバーラップさせた。